04/10/2022

認定看護師の資格を取得するメリット

認定看護師の資格は、看護師として働くうえで必ずしも必要ではないものの、管理職登用や転職活動など様々な場面でメリットがあります。
特に、認知症看護や救急看護といった社会的に需要が高まっている分野の看護業務をマスターした有資格者は、全国各地の総合病院やクリニック、在宅看護などの現場で重宝される傾向が見られます。

ベテランの看護師の人材育成に力を注いでいる医療機関の中には、認定看護師の資格取得を希望するスタッフを対象に業務セミナーや勉強会などの参加費用の負担をしたり、資格取得後にお祝い金を支給したりしているところも少なくありません。
そのため、将来を見据えて認定看護師の資格を目指したい場合は、有資格者の数が多い職場を就職先に選んだり、自分に向いている看護の分野について若いうちから検討したりすることが肝心です。
また、医療機関によっては認定看護師の有資格者に限り、看護部長や看護師長への登用を行っているところや、高額な資格手当を用意したりしているところもあります。

なお、認定看護師が必要とされている現場について詳しく知りたい時は、就職活動中に興味がある医療機関の説明会に参加をしたり、病院内の見学を申し込んだりすることが有効です。
その他、認定看護師の資格を取得した後も順調にキャリアアップを図るうえで、求職中に各医療機関のホームページや求人票を使って教育制度や具体的な研修のカリキュラムについて確認しておくことが肝心です。